確定申告って必要?副業&専業主婦クリエイターの申告

 

 

そもそも確定申告は何のために行うのでしょうか?

 

確定申告は税金の過不足を精算するためです。確定申告は、1年分の税金の過不足を精算するために行い、国民の義務として「納税」がありますが、これを怠ると、延滞税等のペナルティーが発生します。故意に申告しない場合は、罪に問われることもあります。きちんと確定申告することで払い過ぎた税金が戻ってくる(還付)こともあります。

 

 

経費って何?

 

必要経費は控えて、領収証取っておくようにしましょう。経費をきちんと控えて申告すると、節税にもつながりますよ。

 

経費として認められるもの経費に計上できるものは?

 

★家賃の一部

★インターネット代

★書籍、新聞代等

★交通費

★名刺代

 ★食事代

★慶弔費

 

 

★家賃の一部

事務所代として、家賃の何割かを計上することができます。

 


★インターネット代

インターネットを利用する仕事(副業)には欠かせないものですが、計上することができます。

 


★書籍、新聞代等

仕事、事業の資料となる内容のものならば計上可能です。

 


★交通費

打ち合わせ等の移動費、納品の移動費も計上できます。品物の郵送費もokですよ。


★名刺代

宣伝広告日として計上できます。

 


★食事代

打ち合わせ等の食事代、接待費等の項目で計上できます。

 


★慶弔費

交際費の1部として計上できる可能性があります

 

 

 副業なので収入がある場合など、所得と売り上げの関係を確認しましょう。売上金額の総額から、材料費等の経費と、控除可能な生命保険や医療費を除いた金額が所得と呼ばれ、課税対象に。これを申告することで納税金額(もしくは還付金額)が明確になります。

 

確定申告の重要性を認識するようにしましょう。

確定申告は適切な税金を払うためのものです。ですから追加で税金を支払ったり、払い過ぎていたできんを取り戻したりすることになります。もしこれを怠ると、延滞税を始めとする追徴課税等が適用されるので、真…に取り組むようにしましょう

 

 

青色申告と白色申告って何が違うの?

 

白色申告はお小遣い帳程度の帳簿つけ(単式簿記)でもオーケーですが、青色申告では複式簿記での申告が必要です。直650,000円分の利益控除があったり、前年の赤字をくりこせるため課税が少なくなる可能性があったり、一括計上できる経費の額が多かったりなどメリットも多いです。

 

 

 

 

 

 

 

自分で事業を始めたりして所得が多くなる場合は税務署に届を出すと、白色申告よりもお得な青色申告を選択できます。

 

 

 

 

卵と分散投資

お金の雑学


「卵は1つのカゴに盛るな」という格言があります。万一カゴを落としても
すべての卵が割れないように、複数のカゴに分けておこうという「分散投資」を
説く言葉です。


たとえばどの会社も急激に業績が悪化したり、不祥事で株価が急落する危険が
あることを考えると、1つの会社の株式に全財産を投資してしまうのは非常に危険。


1社に集中投資するのではなく複数の会社に資金を振り分けたり、株式だけでなく債券など他の商品にも振り分ける分散投資なら、リスクの分散が期待できます。


少額で分散投資ができる商品、投資信託とは?

 

お金を貯めるには節約よりも重要な事は...

給料が入るとつい使ってしまい、貯めることが苦手というかたは意外に多いのではないでしょうか。

 

貯める習慣づくりには家計簿をつけて自分の消費傾向を把握したり、無駄づかいを避けて節約を心掛けることも有効ですが、比較的容易なのは定期的な積み立てを始めることです。

 

1ヶ月の最後に残った額を貯めようとするのではなく、毎月お給料が出たら、
その一部をすぐに積み立てに回す方法を検討してみてください。



 

 

 

節税対策!「相続税、課税対象」

 

 

孫名義の通帳贈与が成立する?

 

相続税Q&A 

 

相続税Q

父が亡くなり、金庫開けたところ、父が孫のために毎年1,000,000円ずつ10年間も積み立ててくれていました。孫名義の10,000,000円の定期預金の通帳が出てきましたが相続税はかかるのでしょうか?

私の友人は1年ごとの預金額が1,100,000円以下だから贈与税はかからないといいますが本当でしょうか…

 

 

相続税A

お孫さんが通帳のことを知らなければ課税対象になる。

 

相続税の節税対策で、多くの人が考えるのが贈与です。贈与税相続財産を減らすことにより、相続人が払う相続税を減らすことができると考える人も多いのではないでしょうか。一般的な贈与の場合、1年間に1,100,000円(贈与税の基礎控除額)までであれば非課税になります。

しかし民法によると、贈与が成立するためには、贈与する側が自分の財産を無償で与える意思を示し、もらう側が承諾してなければならないとなっています。今回のケースの場合は、お孫さんの知らないところで積み立てがされていたため、贈与は成立しないと考えられます。したがって、お孫さん名義の10,000,000円の定期預金は相続財産に含めて相続税の申告を行うようにしましょう。相続税の申告漏れは、土地や家屋、有価証券に比べて、預貯金が非常に多いんですよ。

 

 

贈与税の対策は...

贈与についてはどのように対処すれば良いのでしょうか?

 

 ★名義者の通帳に振り込みをするなどして、贈与の事実を残す。

★定期預金の書き換えなども名義者本人が行う。

★適正な贈与契約書を作成する

★名義者が通常使っている通帳を使うようにする。

 

このほか預金等以外にも、所有している建物や土地等モノが変われば対処方法も違ってきます。気になる方はいちど、専門の人に相談してみてはいかがでしょうか? 

 

 

 

資産運用

資産運用、投資の世界ではリスクとリターンは基本的に比例し、「ハイリスク・ハイリターン」「ローリスク・ローリターン」の関係が成り立つと考えられます。

 

いたずらに高いリスクをとってイチかバチかの大勝負をするのは「投資」ではなく「投機」と呼ばれ、当然危険。

 

まずは自分がどの程度のリスクを負えるのかを考えたうえで投資を始める必要があります。

 

 

もちろん、負えるリスクの大きさは現在の保有資産額、収入、年齢、今後の大きな出費予定などにより人それぞれです。

 

 

 


投資や資産運用を始めるにあたり、まずは小さく貯めることから始めてみてはいかがでしょうか。
たとえばネット銀行などの外貨普通預金では、1ドル、1ユーロといった「1通貨単位」から始めることができますし、株式・債券・不動産など、さまざまな資産に間接的に投資できる「投資信託」も1万円から(月々の積み立ては1000円から)購入することもできますよ。
たとえ少額でも早めに始めることができれば、そのぶん長い経験を積み、その経験を今後の大きな投資判断に活かすこともできます。

 

分散投資が有効とは言うものの、自分ひとりで実践するのはなかなか大変です。
たとえば5つの会社の株式に分散投資しようとすると、ひとつの会社につき
最低売買単位ずつ購入しなくてはならず、かなりの金額が必要になってしまいます。


そこで検討したいのが、たくさんの投資家から資金を集め、大きくなった資金で
さまざまな投資対象へ分散投資を行う「投資信託」。

 

 

 

投資信託は、株式に投資するもの、債券に投資するもの、不動産に投資するもの、それらをミックスしたものなど、投資対象は実にさまざま。

投資対象とする国や地域も日本、米国、欧州、新興国など、多種多様です。

バラエティに富んだ投資信託の中からどれを買えばよいのか迷った時は、いくつかの質問に答えるだけであなたの希望に添うファンドをピックアップする「ファンドナビゲーター」がお役に立つかもしれません。

 

『最高値』

6年前の明日2011年10月31日、早朝のシドニー市場で日本円は一時1米ドル=75円32銭の戦後最高値を記録。
グッと円安が進んだ現在のレートと比べると、まさに隔世の感があります。

なお、外国為替市場は専用の建物で集中して売買が行われる株式市場などとは違い、銀行などの市場参加者どうしがコンピューターを通じて売買を行う、いわばスクリーン・マーケット。
いかに大手メディアとてすべての取り引きを把握できるものではありません。
この日、一部の業者間では前述の1米ドル=75円32銭よりもさらに高値の取り引きが成立していたのでしょうか、「1米ドル=75円31銭」を戦後最高値としている資料も一部にはあるようです。

 

 

 

 

 

 

 

1万円から購入できるうえ、運用は「ファンドマネージャー」と呼ばれる運用の
プロにおまかせできます。

 

 


投資信託のメリット、基本的な仕組みなどはこちらをご覧ください。

 

 

 

 

 

 

 

まずはあまり気負わずに、少額から最初の一歩を踏み出してみてはいかがでしょうか?


 

インフレ対策(資産の減少)に、少額からの投資信託

最近よく耳にするインフレ…

インフレってそもそも何なんでしょうか。

 

実はインフレが家計に与える影響って結構大きいんですよ。

 

インフレとは?

物の価値(値段)が上がることを「インフレ」と言います。例えば1個100円のハンバーガーが200円に値上がりしたり、1本100円のジュースが120円に値上がりする現象をインフレといいます。

 

そして、物の値段が上がると言う事は、お金の価値が下がることと言い換えることもできますね。先程の例では、ハンバーガーやジュースを買うために以前より多くのお金が必要になっています。これが物の値段が上がったことにより、お金の価値が下がったと言うことです。

 

 

インフレ2%の場合

政府・日銀は、金融政策で物価上昇(インフレ) 2%を目標としています。

もし点2%で物の値段が上がっていくと私たちの生活はどうなるのでしょうか? 

 

インフレ2%で、新車(2,000,000円)を購入した場合の値段の変化

 

現在2,000,000円の車が、インフレ2%で10年後に購入しようとした時は2,430,000円必要になります。

 

現在2,000,000円の車を、インフレ2%で20年後を購入しようとした場合は、2,970,000円必要になります。 30年後に車を購入しようとした場合は3,620,000円。インフレ2% (物価上昇)で値段が上がっていくと、私たちが思っている以上のお金が必要になります。

 

 2,000,000円の車の値段が毎年2%で上がっていくと、10年後には430,000円も高くなっているんですよ。

 

 

 

インフレに備え貯金をしておけば大丈夫なのでしょうか?

 

2,000,000円を0.1%の利息の定期預金に預けたとしたら… 

 

現在2,000,000円の定期預金が、10年後0.1%の利息で、2,020,000円になります。20年後には2,040,000円。30年後には2,060,000円。

 

 

 

何かおかしいと思いませんか?

 

インフレ2%で車の値段は10年で430,000円も値上がりする。それに比べ定期預金等の預金、金融商品は10年で20,000円の利息しかつかない…

 

 0.1%の定期預金に預けたままだったら、20,000円しか利息が付いていません。買いたいものが買えなくなる時代が近いうちくるのかもしれませんね。

 

では私たちはインフレ対策… どうすれば良いのでしょうか? 

 

 

 

インフレに負けないようにするにはどうしたらいいのか!

 

答えは、物価上昇率よりも高い利回りを持つ金融商品で運用すると言う事です。日銀が物価上昇の目標とする2%よりも高い利回りが期待できる金融商品保有すれば、資産が減少することを防ぐことができますね!

 

 

まずは小額でもいいので投資信託等を初めてみてはどうでしょうか。

 

 

 

 

投資信託とは?

 

投資信託とは、一言で言うと投資家から集めたお金をひとつの大きな資金としてまとめ、運用の専門家(プロ)が株式や債券などに投資、運用する商品のことをいいます。

投資と言うと、大金がないとできないと思われている方も多いと思いますが、投資信託の場合は、500円(ネット証券)や、証券会社などで5,000円位からと小額から始めることができるのでお勧めですよ。

 

 

 

投資信託とはどんな運用するの?

集めた資金をどのような対象に投資するかは、投資信託が種類がたくさんあって、その運用方針に基づいてプロが行います。ただし、預ける投資信託は自分自身で決めなくてはいけません。選んだ結果、プラスになってもマイナスになっても、預けると決めたら自分の責任になりますので、最初の投資信託選びが重要になります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

CFD(くりっく株365)

3銘柄合計⇒年間82,043円(2016年”1枚あたり”実績)受け取れた!?
    

CFD(くりっく株365)で配当相当額を受け取れる仕組みとは?

現物株の場合、権利確定日に株式を保有していれば、配当金をもらうことが出来ます。これと同じように「くりっく株365」も『買い』ポジションを持っている株価指数の構成銘柄に配当が出た場合、株価指数を基にした配当相当額を受け取ることが出来ます。

 

■日経225(1枚あたり)⇒年間31,745円(2016年実績)
■NYダウ(1枚あたり)⇒24,645円(2016年6月~12月実績)
■FTSE100(1枚あたり)⇒年間25,653円(2016年実績)


※ご紹介する配当相当額等は過去の実績値であり、将来の運用成果を保証
または示唆するものではありません。

 

 

 

<配当相当額についてのポイント>

(1)権利付最終日に買い建玉ロールオーバーした際に発生します。
例) 権利確定日が3/31(金)までの場合には、3/29(水)午前5:00の取引終了時のロールオーバー

(2)配当相当額は、株式の配当金に応じて支払われるため、その受け取りが保証されるものではありません。

(3)DAX(R)は、「配当込み」の指数であるため(=トータル・リターン指数といいます)、配当相当額は発生いたしません。

(4)配当相当額は決済損益に加味されます。

 

 

▼CFD(くりっく株365)で配当相当額を受け取れる仕組みは

 

 

 

【4】取引の40%以上がスマホです!もう売買タイミングを逃さない!

 

くりっく株365なら断然、スマートフォンアプリ「HYPER CFDアプリ」が
便利です!

ストリーミング注文はもちろん、特殊注文にも対応した高機能アプリです。
「HYPER CFDアプリ」を使えば、いつでもどこでもマーケット情報やご自身
のポジションを確認したり、取引することができます。

さらに!


指定レート設定(トリガー価格に達した際にお送りするメール)にも対応
しているため、売買タイミングを即時にキャッチし機動的なお取引が可能
です。

 

iPhone版「HYPER CFDアプリ」を今すぐダウンロード

Android版「HYPER CFDアプリ」を今すぐダウンロード

 ※スマートフォンからダウンロードしてください

 


▼「HYPER CFDアプリ」の魅力をチェック!

 

 

知って得する!CFD(くりっく株365)とは❓

 

CFDとは、Contract For Difference の頭文字を取った略称で、日本語では差金決済取引と訳されます。その中でCFD(くりっく株365)は、公的な取引所である東京金融取引所に上場しており、日本を代表する株価指数である「日経225」から、アメリカの「NYダウ」、ドイツの「DAXR」、イギリスの「FTSE100」まで、先進諸国の4株価指数が取引できます。

CFD(くりっく株365)の大きな特徴として、ほぼ24時間・祝日も取引可能、買いなら配当相当額が受け取れる、少ない資金で取引出来るなど、初心者の方でも取引しやすい仕組みがあります。

 

知って得する!CFD(くりっく株365とは?



CFD(くりっく株365)取引に関するご注意事項

・取引手数料は153円/枚(税込)。
・本取引を行うにあたっては、「取引所CFD(くりっく株365)約款」、および
「取引所CFD(くりっく株365)の契約締結前交付書面」をご精読、ご理解の上、お取引を行ってください。
・本取引は、取引額(約定代金)に対して少額の必要証拠金をもとに取引を行
うため、必要証拠金に比べ多額の利益を得ることもありますが、その一方で短
期間のうちに多額の損失を被る可能性があります。
・本取引の取引対象である株価指数は、需給関係、対象株式の相場状況、予想
配当額、為替並びに金利相場の変動により損失が生ずるおそれがあり、かつそ
の損失の額が預託した証拠金の額を上回ることがあります。
・CFD(くりっく株365)のお取引に際しましては、あらかじめ証拠金を差し入
れる必要がございます。必要証拠金額は、東京金融取引所が定める証拠金基準
額と同額です。証拠金基準額は、相場変更に応じ毎週見直しされます。
・CFD取引口座の時価評価額が必要証拠金額の70%を下回ると自動ロスカットが発動し、全未約定注文が取消されかつ全建玉が強制的に返済されます。
ロスカットの判定は一定の間隔で実施します。
・ 毎営業日取引終了時の清算価格で値洗いを実施しCFD(くりっく株365)取引
口座の時価評価額が必要証拠金額を下回ると証拠金不足が確定します。
・証拠金維持率が一定値(120%、100%)を下回った場合、アラートとしてメール
等で自動通知します。
・本取引は元本及び利益が保証されるものではありません。
・必要証拠金額はネット方式となりますので、あらかじめご了承ください。
必要証拠金=1枚あたりの必要証拠金 X 売建玉と買建玉の差引建玉数量